外国人雇用

【外国人雇用】IT技術者の呼び寄せにおける書類(本人が現地で準備するもの)

IT告示による認定には資格証明書が必要

・学歴要件
・資格要件
・実務経験要件

雇いたい外国人のケースによって、大学卒業資格はないけれど実務経験が10年以上ある、もしくは資格を持っている、などによって在留資格認定が異なってきます。

学歴や実務経験が条件に満たない場合は、資格証明書等が必要になります。

対象資格一覧はこちら➡➡

本人が現地で用意する書類

・証明写真
・パスポートの写し
・履歴書
・資格の合格証書もしくは資格証明書

こちらを採用予定会社に送付

日本国内で雇用企業が用意する書類

・在留資格認定証明書交付申請書

・送ってもらった証明写真

・返信用封筒(切手貼付)

・前年の源泉徴収等の法定調書合計表(税務署受付印)

・社の概要がわかる資料(会社案内など)

・商業登記簿謄本

・直近年度の決算書写し

・雇用契約書または採用内定通知書の写し

・資格証明書等とその和訳文

和訳文をスムーズに作成するには⇨⇨スピード翻訳

IT技術者の在留期間更新は?

いつまでに

在留期間満了まで2ヶ月くらいのときには手続きしましょう

だれが

在留期間更新の手続きは会社が代理ですることはできません

本人(または行政書士や法定代理人)が行います。

必要書類

本人が準備

・在留期間更新許可申請書

・パスポート原本

・在留カード原本

・住民税の課税証明書および納税証明書

会社が出すもの

・在職証明書

・前年の源泉徴収票

・前年の源泉徴収等の法定調書合計表(税務署受付印)