外国人雇用について

日本の少子高齢化は必然的に外国籍の人が日本で働くという社会の変化をもたらします。
国際結婚も増えて、複数のルーツを持つこどもたちも増えてきています。

ハーフタレントとか、芸能に限らず活躍できる環境になりつつはありますが、ふたつの文化を体験したことがあるものにとってはたいてい、日本の社会は「出るくいは打たれる」「変わったことをしない」のが大事で息苦しいです。

まだハーフや国際離婚家庭であれば、日本というルーツも必然的に入っているし、触れているからその一部である日本に順応することはある意味仕方のないことだと理解できます。

しかし、今後結婚等によらない「外国人」として日本の社会に関わるひとたちが増えてきたとき、その「日本社会にとっての当たり前」は通用しなくなってきます。

もちろん、日本に働きにいこうという時点で「郷に入っては」の気持ちも持っていると思います。ただ、どこの部分が郷にいっては、の部分なのか外から入ってきた人にとってはわからないこともおおいのですよ、ということ。

これ当たり前でしょ!って思っていること、たとえばゴミ捨てのこととか、傘の差し方とか、休みの連絡とか、コモンセンスは国や文化によって違います。それに、その違いがどこなのかって、千差万別だからひとつひとつなんて確認できないし、仮にそれがわかってない、って叱ったところで、それはきちんとしていることと関係のところの問題なのです。

ひとつひとつ、就業マニュアルにするのも手でしょう。でも、国の数だけ、行動の数だけあります。それに、例外にも遭遇することも多いでしょう。

違う、ということを理解する。それが前提として重要で、出てきた問題をどちらのせい、ではなく双方同じ力で歩みより解決しようとする姿勢がなければ、今後外国人雇用はうまくいかないのではないかと思っています。
それこそ、ブラック企業のかたちでしか運営できないのではないでしょうか。実際外国人雇用のいままでの形態は、当たり前にすすめている割合のほうがすくないのではないでしょうか。もしくは数字上、法律上は違反していなくても、メンタルや環境などはまったく気を配られていない、そんな環境で国に帰るわけにもいかず毎日頑張っている人のほうがおおいでしょう。
逃げ出せば逃げ出したで、入国管理局の対応はもっと大変でしょう。(ニュースリンク)


 

日本のブラック企業以上のことが日常化している雇用形態が多いと思います。もしくは大企業の外資系関連なら、当たり前の雇用形態を保持しているでしょう。

今後、労働力を「頼る」という弱い立場に日本がなったとき、そんな横暴な環境でよいのか、このままでは他国に労働力は流れるでしょう。リスクと利益には日本人よりシビアだし、ネットワーク、コミュニティによってがっと広まります。

日本は高度経済成長の意識のまま、協力しあうことを忘れていては、衰退するだけではないかなと思います。


外国人雇用、で重要なのは日本語です。ほんとうは公用語を日本人ももっと活用できるようになればよいのですが、英語がメインでない国もあります。
結果、ここは日本ですから日本語でのコミュニケーションが大事になります。
ただ、教科書の日本語と現場の日本語は違うし、雇用ということはコモンセンス教育や生活のサポートも必要となってきます。

そういった場面での日本語をサポートできるところが少ないのが現状です。そもそも、企業に縛られていない外国人労働者が少ないということもありますが。サポートがないから増えないという逆説的な面もあるかとおもいます。

(外国人専門の不動産サポート リンク)

GSでは小規模会社の雇用のサポートや、マニュアル作成、用語集作成も承っています。個人でもかまいません。伝統工芸に弟子入りしたい外国人に渡したいとか、ニッチなケースもOKです。
そもそも、私自身は最初に日本語教師を目指したのは、日本人がちょうどアメリカナイズ、海外あこがれが強い時代で、いろんな趣のある場所やものが壊されていく時代で、日本人自身が日本のいいところを気づかないなら、外国人に伝えて後生に残していってもらおうとおもったのがきっかけです。

現場独自のいいまわしなど、ZOOMにてヒアリングをさせていただき、作成します。(期間・料金はお見積もり)

 


外国人雇用管理主任者